ホームヘルパー 資格

大きなやりがいに繋がるホームヘルパー資格

最近、求人の需要が増えているホームヘルパーになるためには、資格を必要とします。ホームヘルパーの資格は、試験を受けるといった形ではなく、講習を受けることによって取ることができます。資格取得講習は、各地方自治体や、福祉専門学校、訪問介護事業者などで実施しているので、比較的身近なところで受けることができます。

ホームヘルパーの資格を取ると、実際にはどんな仕事をするのでしょうか。ホームヘルパーの仕事は、一口にいうと介護の仕事です。お年寄りや、身体の不自由な方の食事のお世話や、おむつ交換、お風呂のお世話をする仕事です。

お年寄りの中には頑固な人も多いので、慣れないホームヘルパーを嫌って口もきいてくれない人がいたり、寝たきりの方の身体を持ち上げたりすることもあり、精神的にも肉体的にも大変なお仕事となります。そんな大変なホームヘルパーという仕事を、資格を取ってまでやっている人は、仕事のどんなところに「やりがい」を感じて働いているのでしょうか。

一生懸命お世話をしていると、要介護の方はもちろん、その方の家族の方々に感謝されるという喜びが生まれます。その喜びは、感謝されたいから働くという考え方ではなく、感謝されることによって「自分は必要とされている」という、自分の存在価値を高める喜びとなります。

自分の代わりとなる人はいないという思いは、時にはプレッシャーになることもありますが、生きる喜びとなることの方が多いでしょう。口もきいてくれなかったお年寄りから、感謝の言葉をかけられることによって、さらに働くことに「やりがい」を感じるホームヘルパーがたくさんいるのです。

ホームヘルパー資格と介護の仕事メニュー

ホームヘルパー資格と介護の仕事リンク