ホームヘルパー 資格

ホームヘルパー資格を取得する方法

ホームヘルパーの資格は、国家試験ではありせん。また、資格取得方法は、試験を受験するというものではなく、ホームページヘルパー養成研修を受ければ資格がもらえます。ホームヘルパー資格取得には、年齢制限や性別、学歴、職歴を問われることはありません。

厚生労働省によって定められているホームヘルパー養成講座の研修を受けることによって取得できます。養成講座は、各自治体が主催しているものと、民間の企業が主催しているもの、または在宅介護会社が主催しているものなど、いくつかあります。自治体主催のものは、受講費用の負担が少ないのでとても人気があります。

ホームヘルパー養成講座は、3級、2級、1級の3種類の級があり、講習だけではなく実技や実習もあります。3級は、どちらかというと家族介護向けの資格で、講習25時間、実技17時間、高齢者施設を見学する実習8時間の合計50時間のカリキュラムを終了すると認定されます。講習時間も短く、実習は見学だけなので資格を取得しても、実際にホームヘルパーとして働くのは難しく、介護の現場では2級以上の資格取得が必須となっています。

2級は、講義58時間、実技42時間、実習30時間で、講習で社会福祉制度やリハビリテーションを学び、実技はベッドメイキングの方法や、体位交換やおむつ交換、衣服の脱着方法、食事介助などの介護全般を勉強していきます。講座によっては、「インストシニア体験」と言って、特殊なゴーグルや重りなどの器具を身体につけて、お年寄りの身体的衰えを体験して、介護される側の立場を体験できる講座もあります。実習では、施設介護実習と訪問介護の両方を学びます。

1級になると講義84時間、実技62時間、実習84時間になり、2級課程を修了して1年以上ホームヘルパーとして働いた実績がないと、受講することができません。

ホームヘルパー資格と介護の仕事メニュー