ホームヘルパー 資格

ホームヘルパーの資格による給与の違い

ホームヘルパー資格を取ろうと思ったら、給料がどのくらいかも気になってきます。ホームヘルパー2級の資格取得者の年収は、200万円前後となります。24時間ケア体制の施設では、夜勤の仕事があったり、昼間のケアでは体力を使う仕事も多いのですが、事務職などの会社員の年収と比べると、仕事内容に見合った金額とは思えないのが現状です。

しかし、これからの世の中、本格的な高齢化社会となっていく上で、ホームヘルパーの需要は一層高まり、求人は確実に増えていきます。また、ホームヘルパーと言う職種全体の給料や待遇面での向上もかなり期待できることでしょう。その中でも、資格取得者は就職が有利になるだけではなく、職場での役職がついたり、各種手当も多くつくので、ホームヘルパーの資格は必須条件となります。

資格の中でも、2級と1級とでは、いろいろな面で違いがあります。まず、1級の資格を持っていると、現在では年収が300万前後となって、2級とではかなりの差があります。

また、1級の資格取得者は、施設などで働く場合、勤務しているホームヘルパーのシフトを管理したり、後輩を教育、育成する主任などの役職が与えられることが多いので、ホームヘルパーの資格取得を目指すのなら、2級より1級を持っている方がいいでしょう。ホームヘルパー1級の資格を取るには、2級を取得して1年以上の経験が必要になるので、まず2級を取得して、経験を積みながら1級へのスキルアップを目指すことをおすすめします。

ホームヘルパー資格と介護の仕事メニュー