ホームヘルパー 資格

ホームヘルパーに求められる能力

資格を持っているホームヘルパーは、お年寄りや体の不自由な方のお世話を、ただしていればよいと言うものではありません。お世話をする方と、うまく意思を通わせるのもホームヘルパー資格取得者の、大切な仕事です。

お年寄りや、身体の不自由な方々は、おおむね会話によるコミュニケーションが難しくなっている場合が多くなっています。だからと言って、その方々の意思を無視して食事をさせたり、お風呂にいれたりすると、相手の要求がわからず、何かしらのトラブルを起こす原因となります。最悪の場合、お世話をする相手の命にかかわる事故を起こしてしまうことになりかねません。

つまり、ホームヘルパーは仕事をする上で、コミュニケーション能力を非常に必要とされるのです。お世話をする方と、上手にコミュニケーションを取るには、決して手を抜くことなく、与えられた仕事を一生懸命行うことが大切です。一生懸命な姿は、必ず相手に伝わります。

お世話をする方の、ちょっとしたしぐさから、して欲しいことを察したり、顔色や機嫌を一生懸命見て対応してあげることによって、お互いの信頼関係を生むことができ、スムーズな意思の疎通ができるようになって、結果的には仕事がしやすくなると言うわけです。

ホームヘルパーは、講座を受ければ資格を取ることができますが、講座では学ぶことのできないコミュニケーション能力を、実際の仕事を通して養っていくことがホームヘルパーのになるための重要な条件で、目に見えない大切な資格と言えるでしょう。

ホームヘルパー資格と介護の仕事メニュー