ホームヘルパー 資格

ホームヘルパー資格取得者の仕事内容

ホームヘルパー資格取得者の仕事内容は、介護をする場所によって多少変わってきます。高齢者施設や障害者施設に勤務する場合は「施設ヘルパー」とも呼ばれ、要介護者の食事や排せつ、入浴などの身の周りのお世話をします。24時間ケアの施設の場合、ホームヘルパー資格取得者は女性であっても夜勤をすることもあります。

要介護者の自宅に訪問して介護する場合、要介護者に家族がいる場合は「施設ヘルパー」とほぼ同じで、要介護者の家族の負担を減らすよう、身の回りのお世話だけをしますが、要介護者が一人暮らしの場合は、身の回りのお世話の他に、掃除、洗濯、買い物、食事の支度などの家事援助もして、時には一緒に散歩に行ったり、銀行に年金などのお金の引き出しに行くこともあります。

そのほか、病院への付き添いや診察料を支払ったり、薬の受け取りをすることもありますので、ホームヘルパー資格取得者は、要介護者からかなりの信頼を得ていなくてはなりません。

要介護者の身の回りのお世話を、一日中しているだけがホームヘルパー資格の仕事ではありません。入浴専用車で要介護者の自宅に行って、入浴だけを専門にしたり、病院への送り迎えをお手伝いするホームヘルパー資格者もいます。また、ホームヘルパー資格を、自分の家族の介護に活かすこともできます。

ホームヘルパー資格の仕事内容は様々ですが、一番大切な仕事は要介護者の身体介護となるので、介護する場所がどこであっても一生懸命お世話をして、より経験を積んで要介護者の気持ちをくみ取ることができるホームヘルパーになることが必要とされます。

ホームヘルパー資格と介護の仕事メニュー